地域情報

  • 芝浦2丁目の地域情報
  • 緊急・防災情報はこちら
① バス停 芝浦港南ルート (往路)
7     43   15 3 23 43  
8 3 23 43   16 3 23 43
9 3 23 43   17 3 23 43
10 3 23 43   18 3 23 43
11 3 23 43   19 3 23 43
12 3 23 43   20 3 23 43
13 3 23 43   21 3 23
14 7 27 47   22  
② バス停 芝浦港南ルート (往路)
7     44   15 4 24 44  
8 4 24 44   16 4 24 44  
9 4 24 44   17 4 24 44  
10 4 24 44   18 4 24 44  
11 4 24 44   19 4 24 44  
12 4 24 44   20 4 24 44  
13 4 24 44   21 4 24  
14 6 26 46   22  
③ バス停 芝浦港南ルート (復路)
7   29 49   15 9 29 49  
8 9 29 49   16 9 29 49
9 9 29 49   17 9 29 49
10 9 29 49   18 9 29 49
11 9 29 49   19 9 29 49
12 9 29 49   20 9 29 49
13 9 29 49   21 9  
14 7 27 47   22  
④ バス停 芝浦港南ルート (復路)
7   29 49   15 9 29 49  
8 9 29 49   16 9 29 49
9 9 29 49   17 9 29 49
10 9 29 49   18 9 29 49
11 9 29 49   19 9 29 49
12 9 29 49   20 9 29 49
13 9 29 49   21 9  
14 7 27 47   22  

芝浦概要(出典:Wikipedia)

現在の芝浦は、明治 – 昭和初期に「隅田川口改良計画」によって、東京市芝区の臨海部を埋立てて成立した。
東京湾埋立2 – 6号地にあたり、芝、三田とJR山手線、京浜東北線の線路で、港区海岸、港南とは運河で接している。

ほぼ全域が山手線田町駅東側に位置する、運河の多い埋立地であり、工場やオフィス、倉庫などの商工業施設が大半を占め、田町駅芝浦口周辺を中心に商店街・飲食店街がある。最近では工場の跡地などで大規模な再開発が行われており、マンションが増えている。特に芝浦アイランドがある芝浦四丁目では、近年人口の増加が著しい。

「芝浦」とは芝の浦の意味であり、もともとは芝一帯の東京湾を指す言葉であった。この地域一帯の地名に見られる「芝」とは、文字通り芝のことで芝が生い茂った地であり、その沖の海岸部分であるため「芝浦」と呼ばれるようになったといわれている。
また、「芝」とは芝沖の海苔の養殖に使う木の枝「ひび」(竹篠)のことであり、「ひび」の並んだ海であることから「芝浦」となった、とする説もある。芝浦は現在では行政区画上の芝浦一 – 四丁目の地域のことであるが、広義では港区海岸・港南の全域を含む山手線よりも東京湾寄りの地域全体を指し、山手線より内陸の部分が芝と呼ばれる。

  • 抽選結果