地域情報

  • 三田2丁目の地域情報
  • 緊急・防災情報はこちら

三田概要(出典:Wikipedia)

江戸時代は大名屋敷や御家人の屋敷がならんだ。三田四丁目の周辺には旧三田台町の台地が広がり、江戸時代には歌川広重によって月の岬として描かれるなど、風光明媚な地として知られた。

目黒区にある三田は目黒三田とも呼ばれ、現在では港区三田とは遠く離れた別個の町であるが、元来は同じ三田郷を起源とする荏原郡三田村の飛び地であり、同一の村に所属していた。

現在では、三田キャンパスを持つ慶應義塾大学との関係が深く、別名として使用されている。慶應義塾は芝新銭座で発足したが、当時から慶應義塾で学ぶことを希望する者が多く、すぐに手狭になった。
そこで三田の島原藩中屋敷跡地を貸し下げられ(翌年払い下げ)、以来三田を本拠地として活動することになる。第二次世界大戦前には全国で「三田の理財、政治の早稲田、駿河台の法科、白山の哲学」と謳われていた。
また、塾員も三田という地に愛着をもっており、塾員の集う同窓組織を「三田会」と命名しているのはその表れであろう。

エリア内には都下水道局ポンプ場と都営アパート、バス車庫が現在も残るほか、周辺には倉庫やオフィスビルが多い。
最寄り駅の一つである田町駅の東口は都による再開発計画が決定しており、「今後の発展エリアの一つ」という評価もある。また、西側を東京モノレールが通っており、付近への新駅設置を求めているものの、現在のところ同社親会社のJR東日本は計画に着手していない。

  • 抽選結果